HOME>特集>アシナガバチの巣は小さなうちに駆除をしておこう

アシナガバチの巣は小さなうちに駆除をしておこう

蜂

大きくなると駆除も大変になる

日本には多くのハチが生息していますが、中でもアシナガバチはとても賢く、さらに危険なハチとされています。とくに体長が大きくなってくるとその危険さも増していき、おとなしいイメージの強いアシナガバチでも多くのアシナガバチに刺されてしまうことで生命の危険が及ぶことも決して珍しくありません。アシナガバチの巣の駆除を行う場合には、できるだけ小さな状態で駆除を行うことが重要となります。ハチ自体も、そして巣も大きくなってしまうことで確実に駆除は難しくなってしまうため、早めに対処することが大切なのです。しかし、自分で駆除作業を行うことはとても危険を伴うことになりますので、不安を感じた場合には必ず専門の業者に依頼を行うようにしましょう。

巣

危険ととなり合わせの駆除

大きくなってしまったアシナガバチの巣の駆除は、とても大きな危険を伴います。その理由として、アシナガバチは常に集団で行動していますので、攻撃を行う場合にも集団で行います。一匹のアシナガバチに刺された場合、激しい痛みなどの症状で済む場合が多いと言えますが、多くのアシナガバチに一度に刺されてしまった場合にはとても危険な状況になってしまいます。常に危険ととなり合せになってしまうアシナガバチの巣の駆除は、やはり専門業者で行ってもらうことが一番でしょう。小さな巣の状態であれれば、専用の駆除剤などを利用することも可能です。しかし、この専用の薬剤でも危険なことには変わりはありませんので、必ず無理な行動は避けるようにしておきましょう。