HOME>特集>スズメバチの巣の駆除は自分でしちゃいけない!危険度が高い

スズメバチの巣の駆除は自分でしちゃいけない!危険度が高い

蜂

スズメバチが危険と言われているワケ

日本に生息するハチには、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどがいますが、この中で突出して危険なのがスズメバチです。気性が荒く獰猛な性質で、危険を感じると積極的に攻撃してきます。アシナガバチやミツバチはよほど近づいて危害を加えようとしない限り、むこうから襲ってくることはあまりありません。ところが、スズメバチは気がつかずに巣のそばを通っただけでも襲われることがあります。スズメバチの針から出される毒液は高い毒性を持ち、刺されると大きく腫れて強い痛みを引き起こします。また、1度刺されるとハチ毒アレルギーが起き、再び刺された時には激しいアナフィラキシーショックを起こすことがあります。アナフィラキシーが起きると最悪の場合死にいたることもあります。また、あまり知られていませんが、スズメバチは刺すだけでなく毒を霧のように噴射する攻撃もしかけてきます。この毒霧が目に入ると失明の危険もあり、吸い込むと呼吸困難に陥ることもあります。さらに毒霧に反応して他のスズメバチまで集団で襲ってきます。このように獰猛なので、スズメバチの巣を駆除する場合は専用の防護服を身に着けて正し手順で行わなければなりません。

男性

刺されてしまったときに出る症状

スズメバチに刺されると、激しい痛みと大きく赤い腫れが起こりますが、その後は人によって異なります。数分で痛みと腫れが治まり、痒みが出るという人もいれば、アナフィラキシーショックを起こして重篤な症状に陥る人もいます。アナフィラキシーショックが起きると、しびれや呼吸困難が起き、激しい頭痛や意識障害も発症することがあります。重篤化すると命にも関わります。スズメバチに刺されて患部の痛みや腫れだけでなく、強いしびれや吐き気といった症状がでてきた時は、迷わず救急車を呼びましょう。このように、スズメバチに刺されると非常に危険です。スズメバチの巣を見かけたら、無理に自力で駆除するのはやめ、プロに依頼するようにしましょう。